TOPIC

2020.07.23悩みのもとをケアするバクチオールメカニズム

20代、30代、40代。年齢とともに変わっていく顔の印象。目や鼻、口などのパーツは変わらないのに、シワやくすみ、たるみ、ほうれい線ができるだけで、あっという間に老け顔印象に。でも、一体いつからエイジングサインは生まれてくるのでしょうか? 肌には、ある日突然悩みとしてあらわれるエイジングサイン。しかし、実際は皮膚の真皮層で着実に準備は進んでいっているもの。しかもエイジングサインの恐ろしいところが、どれか一つでなく、複合的に襲ってくるという点。そんな誰もが頭を悩ませるシワやたるみなどのエイジングサイン問題と、それを根っこから解決するバクチオールのケアメカニズムについてご紹介します。

シワ、くすみ、たるみ、ほうれい線…
なぜエイジングサインは生まれるのか?

目尻の小ジワ、口元のシワ、額のシワ。輪郭のたるみ、頬のたるみ、口元のたるみ。そして、見た目年齢をがっつり引き上げるほうれい線。一見、どれも一つ一つ違う肌トラブルに思えますが、実はこれらのエイジングサインが起こる原因はすべて、コラーゲンが深く関わっています。年齢を重ねると、肌のコラーゲンが減少してしまうからです。

そもそも、コラーゲンは真皮層に存在している成分。皮膚の中でも肌のうるおいや弾力性を担っている真皮層の約7割がコラーゲンであり、皮膚にハリとツヤを生み出しています。コラーゲンは、その繊維同士が集まって線維組織である「コラーゲンネット」をつくっています。このコラーゲンネットがあるおかげで、その間に水分を蓄えることができ、肌の弾力性や保湿性を保つことができています。10代や20代の若々しい肌は、この真皮層にあるコラーゲンネットがしっかり張っている状態です。しかし加齢についてコラーゲンが減少してしまうと、コラーゲンネットの網目が荒くなり、水分を蓄えておくことができず、乾燥を招きます。これこそが、エイジングサインを生む序章です。

このコラーゲンの減少は25歳くらいからはじまると言われており、実はお肌の曲がり角といわれる30歳にはすでに、シワやたるみ、ほうれい線といったエイジングサインの下準備が進んでいる段階です。特にたるみはすぐにやってきます。頬は顔の中で最も脂肪の厚い部分であり、コラーゲンネットが脂肪を支えるように取り囲んでいます。みかんの果実の周りを白い線維が囲んでいるようなイメージです。コラーゲンの減少で、このコラーゲンネットが緩んでしまうと、水分を抱えきれないのと同じように、脂肪を支えることができず、ダランと下がってきてしまいます。これこそが、たるみの内部事情。そこに皮下脂肪の老化も加わると、さらにたるみが悪化します。ですが、悪夢はここで終わりません。たるむということは、たるみ部分に折りジワができるということ。そして時間とともに折りジワの溝が深くなり、シワもより深く刻まれていきます。これが口元で起こった状態が、クッキリと目立つほうれい線です。

たるみができてシワとなり、ほうれい線が作られる。この悪循環はすべてコラーゲンの減少が原因の一つ。つまり、エイジングサインを予防するためには、肌のコラーゲンにアプローチするスキンケアが必要です。

そして、くすみの代表的な原因は、古い角質が積み重なること。いわゆる角質肥厚と呼ばれる状態です。ターンオーバーが乱れて、古い角質が肌の表面に残ってしまうと、肌がゴワついて透明感も失われてしまいます。とはいえ、古い角質を落とそうとゴシゴシ洗顔するのは絶対NG。肌への摩擦刺激で、くすみが悪化するだけでなく、シミになってしまう場合もあります。くすみをケアするには、まず肌のターンオーバーを整えることが先決です。そのためにも肌のうるおいは重要な要素。ですが、コラーゲンが減少して水分が失われやすい肌土台では、どんなに保湿をしても、追いかけっ子になってしまいます。シワやたるみ、ほうれい線と同じように、コラーゲンに働きかけるアプローチが必要なのです。

「4つの肌悩みをオールクリアに」
バクチオールのケアメカニズム

コラーゲンの減少を食い止め、コラーゲンの働きを強化することが、エイジングサインに対抗する方法です。そしてそんな悩みの対策成分として活躍しているのが、レチノールです。レチノールはビタミンAの一種で、コラーゲンの生成を促す働きが期待されています。そのため目もとの小ジワ用美容液などによく使われており、「小ジワ対策成分といえばレチノール」という人も美容業界には多いもの。肌のターンオーバーを促して古い角質のケアに働き、くすみをクリアに導く効果も期待されています。

しかし、レチノールは刺激が強く、炎症を起こしたり、かぶれたり、肌が乾燥しやすくなったりと、肌質を選ぶという特徴があります。また紫外線によって変性しやすいので日中は使えないなど、取り扱いが難しいのもデメリットの一つです。そんな色々と制約があるレチノールですが、肌の生まれ変わる周期は、健康な状態でも約1ヶ月。刺激の強いレチノールを約1ヶ月も使い続けるとなると……そのケアに耐えられる人は限られてきます。

そこで今、注目されているのが第2のレチノール成分「バクチオール」。バクチオールはアメリカの化粧品業界でも注目されるマメ科植物性由来の天然成分です。自然由来でありながらレチノールと化学的機能が近く、コラーゲンの生成を促すレチノールと似たの働きをします。

また、バクチオールが注目されるのは、レチノールの持つ嬉しい効果はそのままに、弱点をすべて克服した点です。植物セラミドなのでどんな肌タイプでも安心して使えるほどの低刺激性であったり、熱や光に強く、日中も紫外線を気にすることなく使用できるなど、取り扱いも簡単。刺激が低いから安心して使い続けることができるのも、バクチオールならでは。コラーゲンへの働きによって、シワ・くすみ・たるみ・ほうれい線を生む、大元の原因にアプローチできるバクチオールは、エイジングケアの悩みをクリアにする、年齢肌トラブルの救世主的存在なのです。

シワやくすみ、たるみ、ほうれい線などの肌の老化現象。それらはいつの間にか悩みとしてあらわれ、気づかないうちにどんどん深刻化していきます。これらのエイジングサインは、見た目年齢を大きく左右し、実年齢より10歳以上も老けて見せる印象になることも。肌だけでなく、見た目の印象までも変えてしまうエイジングサインだからこそ、バクチオールの力を借りて、根っこからのケアをはじめませんか。

  • faceBook
  • twitter
  • LINE
  • LINE
  • twitter
  • faceBook