BAKUCHIS COLUMN

2022.06.02【バクチオール通信】バクチオールはレチノールやビタミンCと併用不可?

バクチオールは植物由来の美容成分で、シワやニキビ、肌のハリ改善などに効果的なレチノールと同様の効果が得られるとして世界中から注目されています。アンチエイジング​​情報に敏感な方は​​バクチオールを每日のスキンケアに取り入れようと考えていることでしょう。人気の美容成分であるレチノールは肌への刺激が強く、光や熱に弱いため日中の使用や他のスキンケアと併用できない​​という点がデメリットでした。

一方のバクチオールは、肌への刺激が弱く日中も使える点がメリットです。メリットが多いバクチオールですが、ビタミンC成分など特定の成分が含まれるスキンケアとの併用は気をつけなければいけません。

レチノールとバクチオールの成分の違い

レチノールとバクチオールの成分の違いはどのようなものでしょうか。以下にそれぞれ紹介をしていきます。

レチノール

  • 化学合成成分
  • 熱・紫外線・酸素に弱い
  • 肌への刺激が強く赤みや皮むけが起きやすい
  • 使用するタイミングは夜のみ

バクチオール

  • 植物由来
  • 熱・紫外線・酸素の影響を受けにくい
  • 敏感肌でも使える
  • 一日中使用可能

レチノールは比較的即効性が大きいといわれており、人気の高いスキンケアです。その反面、ヒリヒリと感じてしまったり、肌トラブルを起こしてしまったりする割合が高く、肌に合わないこともあります。

バクチオールは肌への刺激が少なく効果がゆっくりと現れるため即効性はありませんが、敏感肌の方やビーガンの方でも安心して使えます。毎日のスキンケアに取り入れていくことで肌の土台をしっかりと整え、自分が持っている本来の肌状態を目指せるのです。

バクチオールは基本的には併用可

バクチオールは天然成分から抽出された美容成分のため、基本的に他のスキンケアと一緒に使っても問題ありません。レチノールと併用することで相乗効果が期待できるだけではなく、肌の炎症や赤みを抑えられます。

肌の炎症やトラブルで悩んでいる方は、バクチオールとレチノールを併用することで肌質の改善が期待できます。

レチノールは併用する化粧水の組み合わせが難しい

レチノールは併用できるスキンケアの組み合わせが難しい美容成分です。併用ができない代表的な成分は主に2つあります。

  • ビタミンC
  • サリチル酸
  • 過酸化ベンゾイル、AHA、BHA、PHA

 

ビタミンAの一種であるレチノールとビタミンCが含まれた成分を併用することで効果が薄くなってしまうといわれています。レチノールの効果を最大限発揮するためにも、ビタミンCが含まれているスキンケアがないか確認をしておきしょう。

またピーリング剤に含まれる成分である、サリチル酸や抗ニキビ成分の過酸化ベンゾイルやAHA、BHA、PHA(角質除去成分)との併用も不可です。ピーリングをした当日は肌に刺激を与えないように注意してください。

さらに過酸化ベンゾイルとレチノールの併用は肌の乾燥や炎症を引き起こす可能性が高まるため、数日程度期間を空けて使用すると良いです。

バクチオールとビタミンC成分は相性が良くない

バクチオールは併用できるスキンケアの幅が広いですが、ビタミンC成分や角質除去成分(AHA・BHA・PHA)との併用は注意が必要です。レチノールと同じように肌の乾燥や炎症を引き起こす恐れがあります。特に敏感肌の方やアレルギー体質の方は、肌の状態を確認しながら使用してください。

バクチオールで期待できる効果

バクチオールは、シミ・シワやニキビの改善、毛穴の引き締めなどの美容効果が期待できます。また、抗酸化・抗菌作用があり、特に​​抗酸化作用が高く年齢問わずアンチエイジングケアに適しています。

長期間使い続けることにより肌のコンディションを整え、色素沈着や肌のトーンアップ効果も期待できるのです。ビタミンAが不足すると肌のコンディションが低下するため、肌への負担が少ないバクチオールを每日のスキンケアに取り入れることで美肌を目指せます。

バクチオールの基本成分は優しさからできている

バクチオールは『オランダビュ』というマメ科の植物から抽出されたビタミンAに由来する成分です。レチノールのように日中の使用や紫外線を避けて使う必要がなく、植物由来のため環境にも優しくビーガンの方も安心して使えます。

バクチオールは赤みや炎症を起こす可能性が低く、敏感肌の方やレチノールが合わなかった方も気軽に挑戦できます。肌への負担が少ないといえますが、副作用が気になる方は少量からはじめてみるのが良いでしょう。

長く使うことで効果を実感


バクチオールはレチノールに比べると効果がゆっくりと現れるため、最低でも数週間〜1ヶ月以上の長期間使うことで効果を実感していきます。日中の好きなタイミングで1日に数回程度スキンケアアイテムとして取り入れることで、だんだんとハリ・ツヤや肌質の違いを感じられます。

数週間使い続けていくと肌の調子が良いと実感される方が多く、将来のエイジング対策として20代のうちからバクチオールのスキンケアを取り入れている方もいるようです。肌のことが気になっている今こそがバクチオールのスキンケアをはじめる時期です。

植物天然由来とは?

バクチオールは、植物から抽出された天然の成分で、熱・紫外線・酸素や加水分解に対し強いことが特徴です。使用後の肌の赤みや皮むけを起こしにくいので、敏感肌の方も安心して使えます。

また、保湿効果やバリア機能強化、修復効果があるといわれており、乾燥肌やニキビなどの肌荒れに悩んでいる方も長期間使い続けることで肌質の改善が期待できます。

レチノールと併用可能なバクチオールを試してみよう

バクチオールのテクスチャーは非常に伸びが良く、肌につけたときはサラッとしていてベタつくこともないため1年中使いやすいことが特徴です。つけ心地はサラッとしているのに乾燥が気になる部位にもしっかりと保湿効果が浸透していきます。レチノールとの併用で毛穴やアンチエイジング効果のアップが期待できるのが嬉しいポイントです。

まだバクチオール製品を試したことがない方や新しいバクチオール製品を探している方におすすめするのが『BAKUCHIS​​』です。BAKUCHIS​​は日本人の肌に合わせて開発され、無香料・無着色・アルコールフリー​​のためコスメの添加物が気になる方も安心して使えます。

10年先・20年先も理想的な肌でありたいものです。日本人の肌の⼟台を整えてくれるBAKUCHIS​​を每日のスキンケアに取り入れて美肌を目指しましょう。

  • faceBook
  • twitter
  • LINE
  • LINE
  • twitter
  • faceBook